場所に応じて作る

キーボード操作

垂幕の種類にはターポリン、メッシュターポリン、遮光ターポリンの3種類あります。 まず、ターポリンですが、これはテント地のような厚手のビニール素材です。垂幕の作成には通常このタイプが使用されていることが多いです。 次にメッシュターポリンですが、これはターポリンがメッシュ、網目状になっている素材です。 風が強い場所に設置される垂幕に使われることが多い、風を通すタイプです。 次は遮光ターポリンですが、これはその名の通り光を遮断する素材です。 光を通さないため両面使用することができます。そのため、よく使われるのが道路沿いに2方向から来る車への宣伝として設置されることです。 印刷方法も2種類あり、それと素材の3種類を利用することにより、最適な場所で最適な素材を使い、最適な宣伝ができるようになっています。

垂幕とは別の幕でも様々な種類の幕、つまり舞台幕や紅白幕、横断幕などが存在します。 舞台幕として有名なのが、緞帳、どんちょうと呼ばれる幕で、舞台と客席の仕切りとなる大きな布です。 また、同じ客席とを仕切るための布でも歌舞伎で使われている布は定式幕、じょうしきまくと呼ばれるものと変わります。 また、他にも暗転幕、暗幕、銀幕など知られているものが多くあります。 他にも紅白幕といって、紅白の2色の縦縞で構成される幕で結婚式、入学式、卒業式、成人式、特別な例で視覚効果などによりバーゲンセールなどに利用されることがあります、 他にも鯨幕と呼ばれるものもあり、これは紅白幕とは少し違い、白黒の縦2色で構成されるものを呼びます。 これは通夜、葬式などで使用される幕です。 このように色々な用途にあった幕が存在します。